プロフィール完成版(仮)

 先日、スマートフォンに買い換えました。それも夜中に思いつき、勢いのままパソコンでオンライン購入。到着して、すぐ繋がりました!しかしアドレス帳を移すには、一度店舗に行かなければならない。店舗で長々と待たされるのが嫌で、オンライン購入したのに……。グズグズとしていたのですが、特に不自由もないので「あ、意外に大丈夫かもしれない!よし、このままアドレスを移さずにいこう」しかしすぐに「あ、やっぱり無理!」という事態に陥り、あわてて店舗へ。わりと簡単にアドレスを移し終えました。
 いまや誰もが持っているケータイ電話。安全や位置確認のために親に持たされている子どももいます。私が子どもの頃はダイヤル式の黒電話でした。随分と電話は変化しましたね。
 実はわたしはその昔、電話のCMに出ていました。家庭用のコードレスフォンの宣伝です。出始めの頃のコードレスフォンは衝撃的でした。今のものよりずっと大きくて、撮影で長時間受話器を持っていると手が疲れるほどでした。しかしコードなしで話ができるというのは、自分の部屋に電話を持ち込むことが可能になった、ということです。
 それまで電話は固定された場所にあり、たとえばリビングに電話があれば、そこで話すしかなかった。電話は家族共有のものですから、長電話すれば叱られるし、内容は家族に筒抜けでした。
 コードレスなら部屋に持ち込める。そして今や一人一台のケータイ電話へ代わりました。ケータイが普及したため現実世界でも、ドラマや小説でも、すれ違いという設定が使えなくなりました。待ち合わせに遅れそうでも、電話一本入れればOK。書き手としては、便利じゃないほうがドラマになりやすいのですが……。
 一歩外に出ても、公衆電話に人が並んでいるなんて景色は見なくなりました。最後に見たのは、東日本大震災の日だったかもしれません。
 しかし、ケータイは電話よりメールを使う機会の方がずっと多いと思いませんか?
 いつでもどこでも電話が出来るのは便利だけど、その分、気を使うことも増えました。
 まず電話の相手がどこで何をしているのか、こちらにはわからない。家の固定電話なら、
確実に家にいるとわかるし、電話をかける時間帯も食事時や夜間は避けるといった無言のルールがありました。
 ケータイはそうしたルールの外にあるもの。わたしは友人に話したい用事がある時は、
あらかじめメールして「何時頃なら電話してもいい?」と問い合わせたりします。「00時頃なら大丈夫」と返信が来ると、安心して電話できます。
 ひと手間かけるのは、面倒ともいえる。けどケータイだからこそ、相手を気遣う気持ちを忘れないようにしたい。事前メールをしない場合でも、本題に入る前に「いま話しても大丈夫ですか?」の一言があると、ケータイ電話は本当の意味で便利になるのでしょうね。