プロフィール完成版(仮)

 いよいよこの時期がやってきました。年に一度のお楽しみ。去年は自粛してしまったもの。
 何のことかって?もちろん「桜」です。今年は天候の関係で開花が遅くなるのでは?と言われていましたが、それほど影響はなく、もう開花した地域もあるそうです。
 東京では3月末から4月上旬に開花し、しばらくお花見シーズンが続きます。わざわざお花見に行かなくても、ふと見渡せば道路わきに公園(とくに学校の周辺)には、かなりの確率で桜が見られます。普段気付かず過ごしているけど、桜って本当にあちこちに植えられているのですね。
 さきほど、天候の関係で開花が遅れるといったのは、桜だけを指したわけではありません。桜が咲くとすっかり影をひそめてしまうけど、忘れちゃならないあのお花。そう「梅」です。
 報道などでご存知の方もいらっしゃるでしょうが、実は梅の開花は遅くなったのです。梅には早咲きと遅咲きの2種類があります。今年は早咲き分の開花が遅くなり、遅咲き分と開花時期が重なったそう。場所によって今年は梅と桜が同時に楽しめるかもしれませんね。
 いまや桜はすっかり春のイメージですが、その昔、春の花といえば梅の事を指しました。昔の和歌集、たとえば「万葉集」ひとつとっても梅を題材に詠まれた作品が多くあります。ではいつ頃、春の花は梅から桜に変化したのでしょう。和歌を読み解いていくとわかりそうですね。もしかしてその頃から、季節は少しずつ温暖化に向かっているとか……?  
 話は変りますが、女性の着物の柄で桜が描かれたものは、桜が咲く前に着るのがよし、とされています。桜が咲く季節に桜柄を着たとしても、本物に負けてしまうからでしょうか。わたしは持っていませんが、桜の花柄の着物は着る時期がかなり限定されてしまいそう。卒業式や送別会あたりがよさそうですね。
 冒頭で去年は自粛してしまった、と書きましたが、昨年は震災直後だったこともあり、都内の花見スポットは閑散とした光景でした。毎年花見客でにぎわう靖国神社のライトアップもなく、節電のせいで町そのものが暗い中、桜だけがいつもどおりピンク色に咲き誇っていました。
 わたしはお酒が飲めないこともあって、飲んで食べて騒ぐような花見にはあまり縁がありません。出来るだけ静かに桜のはかない美しさを眺めたい、と思いますが、なかなかそういったスポットを探すのは難しいものです。でも昨年の静かすぎる桜を見ると、賑やかに大勢で楽しめるお花見のありがたさを感じます。まぁお花見という口実でお酒を飲みたい、みんなとワイワイ騒ぎたい、ということであっても、それも平和な証拠。今年のお花見は、そんな平和をかみしめながら梅と桜を愛でたいと思います。