プロフィール完成版(仮)

 暑かった。今年の夏は、暑かった。途中でいきなり涼しくなったけど、また暑くなった。
 思い返せば、六月末から気温が急激に上がり、昨年の猛暑の再来か?と怯えながら汗を流していたものの、七月末から八月頭までは思いのほか過ごしやすかった。。。そしてやはり、今年の夏は(冒頭に戻ります)
 長くなりましたが、このエッセイを書いている現時点(八月末)で、今年の夏を振り返ってみました。端的にいえば、暑かったけど、変に涼しい時もありました。あと、蝉の鳴くのが遅かったような気がします。もうひとついうと、急な雨も多かった。
 例年、九月も残暑が厳しいので、たぶん今年もそうなのだろうと思います。
 わたしはこの夏、遠くに足を延ばすこともなく、近辺に遊びにも行かずでした。子どもの頃の夏の写真を見ると、海に行ったり、遊園地に行ったり、あと九州や広島の親戚の家に長期間滞在したり、とアクティブに過ごしていたのだぁ、と思います。忙しい小学生生活。どうりで夏休みの宿題が出来ないはずだ(計画性がなかっただけです、はい)。
 大人になってからは、親がどこかへ連れて行ってくれるサービスもなくなり、本来の面倒くさがりの性格により、夏の計画はなし(一体皆さんはいつ頃計画を立てるのでしょうか?)いつも通り、家に引きこもっていました。
 しかし、こんなわたしだって、ちょっとくらいは夏らしい楽しみも欲しい!徒歩圏内で夏を感じさせてくれる事があればなぁ、とぼんやり思っていたところ、ここにありました!
 冷蔵庫です。冷蔵庫には冷えた水ようかん、好物のみかんゼリー、夏じゃなくてもおいしいけど、夏に食べるともっともおいしいものばかり。大阪弁でいうところの「ちっさい夏の楽しみ」を常備する事で、ひとり喜んでいました。
 我が家のもっとも冷えた箱(冷凍庫の事)に今年は新たな仲間が加わりました。鹿児島の「しろくま」アイスです。近くのスーパーでいつも見かけていたのですが、今年初めて買って食べてみました。なんとおいしい。中のフルーツがシャーベット状になって、また楽しい。どうして今まで気づかへんかったんや!と大阪弁で自分を叱咤。これから毎日食べよう、と思い、ふとパッケージのカロリー表示を見たところ。。。毎日ではなく、週一に変更。
 さらにカップのしろくまではなく、小さな棒状アイスのしろくまを発見したので、こちらを購入し、冷凍庫にしまいました。
 夏中、疲れを感じると、冷蔵庫(冷凍庫)を開けて、お楽しみの冷菓を見つけると「あ、まだあった!」と安心しました。カロリーを考えて、食べるのはごくたまに。おかしなもので、そこにあれば食べなくても満足するものなのです。ようするに実際食べるという行為よりも、食べる楽しみの気持ちが大事なのかもしれませんね。