テレビで「片づけられない人」の部屋が放映されていると、ついつい見てしまいます。 その理由は三つ。
 ひとつ目は「片付かない部屋に住んでいる人がいる」という物珍しさ。
 ふたつ目は、「片付かない部屋でも、人はそれなりに住めるのだ」という驚き。
 最後は「わたしの部屋も、いつかあんな風になるかも……」という怖いもの見たさ。
 うちはあんなにひどくない!とか、自分を安心させる材料にしていることも否定できません。我が家だって一見片付いているように見えるけど、荷物というしわ寄せは見えない扉の向こう(クローゼットや棚の中)にあることをわたしは知っています(キッパリ)。
 結局片付かない理由は、スペースの割に、物が多すぎるという事に尽きます。物をコレクションする趣味はないのですけど、いつのまにか多種多様の物が増殖していくのです。
 片づけるために、定期的に使わないものを処分するのが手っ取り早い。しかしいつも処分は収集のスピードに追いつきません。なぜなら処分は収集以上のエネルギーが必要となるからです。
 自分が(いつのまにか)集めてしまったものは、自分にとって「必要」だと思った物です。それを再び自分で「不必要」という烙印を押して、捨てる。新しいものであれば「まだ使えそうなのに、もったいない」という罪の意識も感じますが、それ以上に辛いのは、「どうして買ってしまったのだろう」という無駄使いをしてしまった自分から逃れならないこと。
 こうして無駄、邪魔と思った物を処分するのは、この物を必要だと思った過去の自分の思いも捨てることに通じます。つまり自分の失敗を認めなくちゃならない。それはとても疲れるし、エネルギーがいることです。
 今も失敗ばかり繰り返し、日々片づけに勤しむわたしがいうのが何ですが、片づけられない人に「片づける極意三カ条」をお教えしましょう。
 その一。何も買わないこと。
 その二。どうしても必要にかられて買うなら、高価でも品質の良いものを選ぶこと。
 その三。買った物は「高かったから」と大事にしまいこまないで、とことん使い込むこと。
 片づけは、物を買う前から始まっているのです。